ダイエット 栄養

糖質=太る・悪いものは誤解です【糖質制限】【ダイエット】【健康維持】

糖質=太る・悪いものは誤解です【糖質制限】【ダイエット】【健康維持】

近年流行っているダイエット方法として、糖質制限があります。

某パーソナルジムで使われていたことで有名になり、いまや誰もが聞いたことのあるような方法となっています。

コンビニやスーパーなどにも、低糖質といった食品を多く見かけるようになりましたね。

確かに、糖質を減らして摂取ことでカロリーを減らすことができて減量効果も期待できますが、「糖質は太る」「糖質は悪いもの」など糖質という言葉を誤解している人はとても多いようです。

そこで今回のテーマは「糖質」についてです。

糖質ってどんなものかっていうところを簡単にお話していきたいと思います。

糖質が太る・悪いものは誤解

糖質は、体を動かすのに必要な栄養で決して悪い栄養ではありませんし、食べ過ぎなければ太ることもありません。

そもそも糖質って何者かというと、糖質は体を動かすエネルギー源となるものです。

糖質は、すぐにエネルギーとして使える栄養のため、基本的には脳や筋肉など体を動かすために必要な場所に送られて使われていきます。

もしくは、エネルギーとして使える状態で肝臓や筋肉などで一時的に蓄えられ、体が活動するときにその都度使われていきます。

それでも使いみちがなくて余ったしまった糖質が出た場合、代謝の中で脂肪に変換されて脂肪として体内に蓄えられます。

なので、糖質の基本的な使いみちは体を動かすためのエネルギーで、使いみちがない余ったエネルギーが出たときに初めて脂肪として蓄えられるというわけです。

糖質を過剰に摂らなければ、脂肪として蓄えられていくことはありませんし、脂肪がたくさんついてブクブク太るということもないわけです。

糖質以外でも食べ過ぎれば太る

逆に糖質を抑えていたとしても、糖質以外にエネルギー源となる栄養の「脂質」や「たんぱく質」を摂りすぎてしまえば、使いみちがなければ糖質と同じように脂肪として蓄えられてしまいます。

糖質に限らず、エネルギー源となる栄養を摂りすぎてしまうと、結局は脂肪として蓄えられてしまうということになります。

結局は食事全体のバランスが大切です。

糖質を摂りすぎないようにするための方法

ただここではせっかく糖質について話をしたので、糖質を食べすぎないようにするにはどうすればいいのかという部分にも触れておきたいと思います。

ここでは2つの方法をご紹介したいと思います。

①低糖質の食品を選ぶ

例えば、同じ量のご飯でも、白米ではなく雑穀米や玄米にすると糖質の量を抑えることが出来きます。

同じような食品でも糖質を抑えた種類の食品も出てきているので、糖質の低いものに置き換えたりしていくといいと思います。

もちろん低糖質だからといって、たくさん食べるのは控えましょう。

②トレーニングをして糖質の使いみちを増やす

トレーニングを行えば、トレーニング自体で余分にエネルギーを使うことができます。

さらに、筋トレを行うと筋肉の成長や回復のために筋トレしているとき以外にも筋肉にエネルギーが必要になるので、多くの糖質の使い道ができます。

食べる量を抑えるだけでなく、トレーニングで消費するエネルギー量を増やすことも大切です。

特に筋トレはオススメです!

まとめ

糖質は、適切な量を摂っていれば基本的に脂肪になることはありません。

食べ過ぎなければ、直接的に太る原因にはなりにくいといえます。

逆に糖質を抑えているからといって、他の栄養を摂りすぎてしまえば脂肪となって太る原因になるので、バランス良く栄養を摂ることが大切です。

また、トレーニングを行うことで、糖質の使いみちを増やすことが出来るので、食事だけを何とかするよりもトレーニングも組み合わせてカラダ作りを行うことをオススメします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はせがわ もとき

千葉県松戸市を中心にコンディションニングトレーナーとして活動中! 自分自身でカラダを整える「セルフコンディショニング」で、カラダを変える方法を発信しています!

-ダイエット, 栄養

© 2020 松戸でパーソナルトレーニング ととのえるーむ